「リッチ」空間で人生を豊かに–一級建築士事務所おりおん舎

090-8442-2074
【営業時間】平日10時〜18時

玉ねぎはもはや砂糖の代わりの調味料【ロジカル家事と無水低温調理】

突然ですがこの記事を読んでいる皆様の、毎日の食事は
1)食べるのが好きだから工夫してどんどん作っちゃう
2)添加物満載な惣菜は栄養が心配だし、家計管理のためにも自炊を心がけている
3)毎日忙しくてついつい買ってきたお惣菜屋や、外食の日も多い

どれにあたりますか?

私は・・・3)にもれなく当たっていました。さらに近くに両親が住んでいるので平日はそちらにお邪魔したり。比較的余裕がある土日を中心に2)を心掛けていました。
でもこの度ある調理器具を導入し、こんな私が1)に近づく気持ちがちょっと沸いてきたのです!その器具はシャープの無水・低温調理器具「ホットクック」です。


【無水低温調理で健康を手に入れる!】
最近入ったオンラインサロン勝間塾、及び勝間式ロジカル家事の本 2冊

からロジカル料理を知り、お菓子作りのように 何でも重量を測って調味料を入れることを覚えました。ロジカル家事に欠かせない、細かく書かれる精細なキッチンスケールも購入!塩分は水も含めた全体量の0.6%をきっちり量るのです。

そして無水の蒸し・低温調理をバッチリやってくれるすぐれものホットクック。実は今どんどんリニューアルされて新しいのが出ているので、

私の買った↓こちらは型落ちで安くなっててさらにコスパが良いです^^(回し者ではありません!!)

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ホットクック 水なし自動調理鍋 1.6L レッド KN-HT99A-R

材料をきっちり量って入れれば、あとは炊飯器のようにスイッチを押すだけで勝手にかき混ぜて自動調理し、出来上がってくれます。
野菜の本来の甘味を引き出すので、なんともう砂糖が入らない。自然の野菜の甘味で十分なのです。・・そして砂糖の代わりに欠かさずにストックしているのが「玉ねぎ」 。
ホットクックで調理した料理はちなみに下のような感じで、ほぼ全て玉ねぎが入っていることで、玉ねぎ本来の自然の甘味が低温調理により引き出され、 SUGAR FREE を手に入れました!(太字は特に甘味が引き出される野菜)

・ラタトゥイユ‥‥材料:トマト、玉ねぎ、ピーマン、その他野菜・塩・水(無水)
・ビシソワーズ・・・・材料:-ジャガイモ、玉ねぎ、塩、バター、牛乳、水
・かぼちゃのスープ・・・・材料:-かぼちゃ玉ねぎ、塩、バター、牛乳、水
・さつまいもと玉ねぎのポタージュ・・・・材料:さつまいも玉ねぎ、塩、牛乳、水
・カレー・・・・・材料:ジャガイモ・にんじん玉ねぎ・その他野菜・お肉・カレールー・水(カレー粉と塩と小麦粉、のほうがさらに自然で美味しいが、これから私は挑戦!)

・ホワイトシチュー・・・材料:ジャガイモ・人参・玉ねぎ・その他野菜・お肉・小麦粉・塩
・肉じゃが・・・・材料:豚肉・ジャガイモ・玉ねぎ人参・塩(無水)
・ポトフ・・・・材料:キャベツ・玉ねぎ・じゃがいも・ソーセージ・塩・水(にんじん切らしてたけど入れればもっと彩りがいい!)

・ミートソース・・・材料:ひき肉・玉ねぎ人参・トマト・小麦粉・ケチャップ・コンソメ・塩(無水)
・きんぴらレンコン・・・材料:ごぼう・レンコン・塩・しょうゆ・酒(砂糖やみりんなしでもほどよい甘さ!)

(写真は、肉じゃが・ホワイトシチュー・ポトフ)

煮物系が得意なホットクックですが、さらに焼き物系はもともと家にあるオーブンレンジの「水皿を入れた蒸し焼き」機能を使い、生姜焼きや肉野菜グリルを作ったりしています。
これらのことで、最近巷で話題になっている健康を害する調味料「塩・糖・脂(エントウシ)」の うち、糖・脂は減らし、塩はスケールで量って管理。以前よりもだいぶ健康的に過ごせる気がします。


【時間をかけたものほど美味しい】
ちなみに上記本によると「時間をかけたものほど美味しい。」確かにホットクックは時間がかかる機械で、いちいち65分煮込んだりするので、作ってすぐに食べるというわけにはいかないのです。

ホットクックで作った料理は、舌が正直なうちの子供たちが美味しい美味しいといって食べています。これはホントに美味しいなによりの証拠です。時間がかかるので、炊飯器のように先にセットしておいて作っている間は別の仕事をするなど、「調理を食べる直前ではなくする」というパラダイムシフトまでおきました。最近は家で仕事をすることも多くなったため、仕事の休憩時間に調理をするというサイクルを少し続けてみようと思います。

ホットクックは数泊のレンタルサービスもしているそうです。(繰り返しですが決してシャープの回し者ではありません!)是非お試しあれ!

 

ランキングに参加しております。よろしければ押してくださいね。↓
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村