必要な方へ♡「コロナ不安症」を克服した話。

みなさまこんにちは。おりおん舎山本です。

この投稿は書くか迷ったのですが、必要な方に届いてほしいという思いで書きます。

私、実は1か月前「コロナ不安症」「コロナ鬱」でした・・・

「結膜炎」発症に伴い、それは始まりました。

「まずい、結膜炎?」私は疲れが肌にくる体質のため、「これは疲れている、そういえばもっと前から

喉が痛い、このまま免疫力が落ちてコロナにかかったらまずいな・・・ そう考えいていた矢先。

とりあえず眼科には行ったのですが、その日から熱を測り出す。

・・と、36.8°、36.9°、明らかにいつもより1°高い・・・・そういえば頭も痛い・・・

とどんどん心配が重なり、とうとう結膜炎から2日後、朝3時、「息が苦しいかも」

と起きました・・そして水を飲むけれどそのまま眠れず。

「肺炎かも、これで死んだらどうしよう。あ、まだ片づけてない場所がある。

このままこの家に帰れないといやだな・・・救急車呼んだら近所に迷惑だから、うちから10分で

きっと消防署につくから歩いていかなきゃ。。着替えておこう。水を飲もう・・・。」

なんとかその日朝になり、さらに数日微熱とともに過ごし、さらにもう1度同じような

息苦しい朝があり、とうとうPCR検査を受けようと所定の場所に電話するも、全く繋がらない。

そして私は自分の脚で、救急病院に駆け込みました💦

レントゲン

先生に症状を話し、レントゲンを受け、しばし10分の緊張する時間を経た結果は・・・

影はありません」。

・・・ちょっとほっとして数日過ごすも、まだ胸が痛く、そして首の後ろがものすごく痛くなる。

そして36.6~37.1°の、私の平熱よりは高い微熱は続いている。

しかも「レントゲンよりCTのほうが正確に肺炎が分かるかも」という話にまた不安になった私は、

レントゲンを受けた病院に電話をしてみる。「その熱では、PDR検査は受けられません」

「37.5°が4日続かなければだめです」「病院に来る方がかえって移ることがあります」・・・

医療崩壊まじかでそりゃそうなのだが、不安は募る。そこで私が手にしたのは、

パルスオキシメーター

これを検索して購入しました。購入の少し前に、医療関係者に近い知り合いから、

体温だけでなくこれで血中酸素濃度を測るのを常にするといい、と聞いていたのは、

本当にラッキーでした。そして看護婦の友人に「海外製でもいいの?」と聞いたら

「海外製を普通に使っている」とのこと。とりいそぎ「日本で検査済」というこの画像のものを買いました。

跡から聞くと、別の看護婦の友人も仕事で同じものを使っているとのこと。

これが届いた時はなんとほっとしたことか私は1日10回ぐらい、これで血中酸素濃度を測り始めたのです。

(ちなみに下の数字97~99%という数字が正常で、90%以下が危険とのこと。上の数字は脈拍。)

2度目のレントゲンの結果は・・・・

 それでもとうとう3度目の「早朝、息が苦しいかも?と思って起きる」となってしまった日、

病院へ駆け込む。結果、レントゲンと血液検査の数字は「異常なし。

・・・そして私には、自律神経系の漢方薬と睡眠薬が処方されました。

つまりPDR検査には回されないまま、コロナ不安症 だ という烙印を押されたわけです。

漢方薬は「半夏厚朴湯」。ツムラ公式HPより。一緒に処方された睡眠薬は「ロゼレム」です。

その後、漢方薬はまだしも睡眠薬(メラトニン系で常習性はないものですが)「大丈夫かな、飲み続けると

依存しないかな・・」と少しずつ飲んだり飲まなかったりした日が続いた結果、

なんと24時間中2時間しか眠れない日が一日おきに出てきてしまう。(一度眠れるのだ

が 魔の3時に起きてしまい、「息が苦しいかも」・・「パルスオキシメーターを測る」・・

「97、大丈夫だ、でも苦しい、腹式呼吸がいいときいた、1,2,3,4(吸って)

1.2.3.4.5.6.7(とめて)1,2,3,4,5,6,7,8.(はいて)

ああ大丈夫だ、脈拍が減ってきた、私落ち着いてきた・・・」

しかし、一度起きると眠れず、スマホで自分の状態を調べたりする不眠の日々が続きました。

克服できたのは「安心材料」のおかげ

さて それらは少し前の話になります。いまは、漢方薬は全てのみきり、睡眠薬

の残りとパルスオキシメーターが何かあったときの安心材料としてまだ一応枕元にあ

りますが、正常の生活に戻りました。そういう意味ではこの漢方薬、効きが良く、

特にのどの痛みに効いたというのがすごいことでした。頭痛もたまにある程度。

微熱は少しあったときもありますが、ちょっと安心し体温も毎日は測らなくなり。

不眠もほぼなおり、睡眠薬はなくても7時間程度眠れるように。

ほぼ「コロナ鬱克服」です。

いま、少し体調が悪くコロナでないか、と心配し、そして私のように不眠的になったりしている方も

いらっしゃるのではないかと思います。適切な相談や処置をもちろんしてほしいのですが、

もしかしたら不安を取り除くことも心の健康のために必要かもしれません。私がいえる

ことは、まず安心材料をそろえてくださいということです。

私にとってはこの安心材料は以下でした。

パルスオキシメーター

処方された薬

レントゲン結果や血液検査という明確なエビデンスを提供してくださった病院

友人たちの存在。家族の存在。すぐにLINEなどで連絡が取れたり、専門知識のある方などはアドバイスもしてくれます。

もちろん、リスクを減らすために外出を、三密を避ける、手を清潔にする、など

・デカフェの飲み物を飲む(これ別にまた書きます!)

ショウガやニンニクなど滋養強壮に良いものも取り入れ

・もし眠れなくても死なない、睡眠不足で死ぬということはないと自分に言い聞かせる

最後におまけで・・

ここまで読んで頂きありがとうございました。私は実は過去に「過敏性腸症候群」と言われたことも

あるなど、もともと心配性なところもありますので、ちょっと過敏すぎるのかもしれません。

例えば観覧車が途中で止まったら上に取り残されて嫌だな、と思ってしまい観覧車が怖い方なので。

また、もしかしたら軽い症状(排煙でない)なだけであって抗体ができていたのかもしれません。

しかし、同じように「コロナかも」と不安になっている方に、「安心材料をそろえてほしい」と思って

この投稿をしました

さらにおまけで、これまで「転んでもただでは起きぬ」を座右の銘の一つとしてきた私は、

大袈裟かもしれませんが「覚悟」を背負って帰ってきました。

もういつ死ぬかも分からない。でも生きながらえた。だからこれからは与えられた生をさらに

さらに全うしないと、ということです。

私の中だけの変化ではありますが、さらに行動する山本になります^^

というわけで、今後ともよろしくお願いいたします!!


と、いう訳で、行動その1 LINE@始めました → 一級建築士事務所おりおん舎公式がLINE公式アカウント登場!

説明が必要です。こちらでは、住宅のリフォームや新築までいかなくとも、いまある自宅を

ちょっと居心地よくするヒントなど、すぐに実現できる情報などをお届けしたいと思っています。

なぜならそれこそ誰にでも「住宅を工夫することによる何でもない日の幸せを手に入れてほしい」

が、私が死ぬまでにやりたいことだからです。

というわけで、是非おりおん舎の住宅工夫ノウハウを知って頂きたく、このリンクからLINE友だち

追加してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA