ハニカムスクリーンとバーチカルスクリーンのコラボ☆大人インテリアコーディネートの方程式!

こんにちは、おりおん舎山本です。

前回から連載の途中ではありますが、先日行いましたインテリアコーディネートの記事を先に記載します。

ご依頼は、賃貸マンションへのお引越しに伴い、揃えるのが不可欠な窓回りのカーテン類のご相談。

おりおん舎のコーディネートは、まるで方程式で最適解を解くように流れていきますので、是非お読みください😊。

与条件を分析

今回の現地の理的・機能的な条件は、

  • ①賃貸マンションのため、現状回復できることが条件
  • ②窓から見えるのは眺望よい風景で、周囲と目線が合う環境ではない
  • ③寝室となる和室は朝日が当たるため遮光性を重視
  • ④お子様の成長に合わせ、フレキシブルにリビングダイニング空間を使っていきたい     

これに対し、現地にすでにできている仕上材などインテリアの条件は、

  • ①比較的赤味のあるチーク色の床
  • ②くっきりブラックのサッシ
  • ③リビングのアクセント壁紙は薄いグレー、和室は薄いグリーンがかったベージュ系
  • ④キッチンの扉は濃い茶系

そしてお客様のインテリア嗜好として、

  • お手持ちの家具は「北欧系の白木や薄いグレーのソファ」だが、あまり拘らない。 
  • むしろこの部屋の色味などいいところを生かしてほしい
  • ホテルライクなシック・大人の雰囲気にしたい 

というものでした。

それらの与条件プラス大きなファクターとして「ご予算」を考えながら、X,Y,Zの方程式を解くように、ご提案を考えていきます。ここがコーディネートの一番の醍醐味です^^

結果的に、お客さまのほうで似たようなスマートスピーカー対応の照明に決定されました。 

寝室にハニカムスクリーンをご提案

インテリア用語では「ウインドウトリートメント」といい、髪の毛を優しくケアするトリートメントのように、まさに窓まわりを包み込み演出するカーテン類。さらには今回のような寝室用途の遮光性など、機能も考えながら設置する必要があります。

今回は、「ハチの巣」のように空気層を含み、遮熱・断熱機能も効果のあるスグレモノのハニカムスクリーンをご提案。

この選定理由は

  • この「ハチの巣」の内側に 銀色の遮光フィルムが貼ってあるので、遮光性をしっかり確保。
  • テクスチャーの柔らかさを残しながらも折り目くっきりの畳み具合が、折り紙のように和室に馴染む。
  • 賃貸の原状回復対策には、設置時の工夫によりカーテンレールの下にこのスクリーンを取付られる(カーテンレールを取らなくてよい)
ニチベイHPより

このような最適解を導き出しました。メーカーはニチベイ、「レフィーナ」という商品です。

サンプルで確かめたライトグレー色。遮光性もばっちり

リビングにはバーチカルブラインド

もう一つはリビングダイニング。「バーチカルブラインド」といって、縦型の羽の角度の変えられる引き分けブラインドです。

選定理由は、

  • バルコニーに洗濯物を干すなどの用途も兼ねる床からの窓、「掃き出し窓」であること。 これは降ろすタイプのスクリーンよりも、横に引き分けるタイプを使うことで窓の開閉もスムーズになります。
  • 空調室外機を部屋から見えなくなるように隠したいというご要望。
  • 比較的高層階のため、除かれる視線がなくレースカーテンの機能はいらず、シングルタイプで使えること。
  • お部屋の雰囲気をモダン・シックにすること。

これらの方程式の解答です。こちらもニチベイ縦型ブラインド・アルペジオという商品です。

こちらもカーテンレールの下に。現状回復もばっちりです

お客様の声より

今回のこの2部屋、実は続き間です。ですので、どちらからみてもしっくりいくような似たような薄いグレーの色味を使いました。

さて、今回のお客様よりこんな声をお寄せいただきました。誠にありがとうございます😊。

自分では思いつかないようなデザインのブラインドを選んでいただき、とてもスタイリッシュな雰囲気になりました。

連絡方法も、適宜お返事を頂き、安心して連絡が取り合えました。

いかがでしたでしょうか。

普段、布地のカーテンを揃えることが多いかと思いますが、住宅でもいろいろな選択肢が実はあるので、ご参考にしてみてくださいね!

今回のお客様は、はじめは弊社の「オンラインインテリアコンサル」を使われ、徐々にイメージを膨らませていきました。

気になる方は椅子一つ、家具1つからのご相談をどしどし受け付けております。どうぞお問い合わせフォームLINE公式アカウント(下記のQRコード)からもお気軽にご連絡をくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA