空間計画ご提案の紹介編 その①

こんにちは。「なんでもない日の幸せ」のための住宅設計・おりおん舎山本です。

ブログ更新が久々になりましたが、今年に入ってマンションのリノベーション2件竣工と、木造住宅新築工事の着工と、着々と住まいの設計が進んでおります!


そんな中今回は、諸事情にて残念ながら計画のみご提案となった案をぜひブログで紹介していきたいと思います。

前に椅子の回のブログでご紹介したこちらですが、マンションの一部リフォームとインテリアコーディネートの案でした。

このように、リビングダイニングの案は2案ありました。テレビ収納とソファの位置関係が逆転しており、最初の案はテレビ台がそのまま長く続き腰高の収納を兼ねています。インテリアのイメージも、より木部を多くした温かいイメージのものと、アントチェアやルイスポールセンの照明を使ったモダンな空間の案天井の間接照明や、隣の部屋との間の「室内窓」もパターンを変えた提案をしています。

ウインドウトリートメントは、マンションの手すりなど余計なものを室内から見えないようにし、上側の空や緑など景色だけの見えるアップダウン型ハニカムスクリーンのご提案です。

寝室には、ベッドヘッドの上に造り付け棚を設置し、枕元でのちょっと置きに対応できるように。良質な睡眠のための最低限の家具などの要素のほか、壁にはベッドの色合いと合わせたファブリックパネルを配置し、エアコンも造り付け木製ルーバーで隠す案となっています。

 

さらにもう一室は書斎のお部屋。ソファベッドで様々な用途に対応できるようにしています。寝室と同じようにこちらもエアコンの存在を隠し、白木の色合いの家具との統一感を持たせています。

全体の床フローリングや壁紙張替も含め、新しいイメージで快適なご新居リノベーションの計画でした!


インテリアコーディネートから造り付け家具でのお部屋丸ごとリノベーション、ご用命は一級建築士事務所おりおん舎までお気軽にお電話ください

公式ラインアカウントの入口はこちらのQRコードです。↓↓↓

ご登録いただいた方には「オンラインインテリアコンサル」半額特典付きです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA